ベルギービールの魅力1 ベルギーってどんな国?

ヨーロッパの中心地 ベルギー

ヨーロッパの中心地 ベルギー

九州ほどの大きさもないベルギー王国の周りには5つも国があります。

・オランダ
・ドイツ
・ルクセンブルク
・フランス
・海を渡ってイギリス

交通の要であった為、昔から争いの絶えない土地でした。
ベルギーの北半分はオランダ語を話し、南半分はフランス語を話します。
ドイツの隣接地域はドイツ語を話し、公用語が3つもあるめずらしい国です。
その上、北半分にある首都ブリュッセルではフランス語を話すという何とも複雑な文化を持った国なのです。
EUの首都がブリュッセルになったのは、フランスでもドイツでも無いからという理由があるとか。

PAGE TOP

美食の国 ベルギー

美食の国 ベルギー

フランスとオランダの強い影響を受けているベルギーですが、食べ物の文化はフランスに勝敗があったようです。
フランスは皆さんご存知のように美食の国です。
でも、実はベルギーの方が美食の国なのですよ!
ミシェランの星付きレストランの国民一人当たりの数は、なんとベルギーの方が多いそうです。
ベルギーの人はおいしいものを食べるのが大好き。
だからおいしいビール文化も育ったと思います。

カルボナードフラマンド

有名な郷土料理に「カルボナードフラマンド」という、牛肉のベルギービール煮込みがあります。
大きな角切り牛肉をブラウンソースでコトコトと煮込んで、寒い冬には体が温まる一品です。

ムール貝のビール蒸し

「ムール貝のビール蒸し」は量の多さで圧倒されます。
1人用としてバケツ1杯出て来るんですから!
夢中になって食べた分だけバケツの量が減っていくのは、気持ちの良い体験ですよ。

フリテン

最後に、みんな毎日食べてる「フリテン」があります。
地域毎、家庭毎に揚げ方が違うと言われるほど、こだわりの多いポテトフライです。
ジャガイモをざっくり切って2度揚げし、マヨネーズ味のソースを添えて出来上がり。
街角の屋台でいつでも食べられるおやつでもあり、付合わせに出てくるママの味でもあります。

PAGE TOP

チョコレートの国 ベルギー

チョコレートの国 ベルギー

私達も普段チョコレートを口にする機会が増えてきましたね。
でも、ベルギーの人のチョコレートに対する想いは並大抵ではありません。
日本人と比べると、なんと年間4倍の量を食べているそうです。
お気に入りのチョコレート専門店を持っている人も多く、週末の家族団らん用に1kgものチョコレートを買って行くのです。

ショーケースに並んだチョコレートを、お店の人はまるで宝石を扱うように白い手袋をして、お客に言われたものを丁寧に一つずつ箱の中に入れていきます。
一番小さな箱が500g入りとはびっくりです。
これほど生活に密着したチョコレートですから、「ベルギー王室御用達専門店」もあります。
そして、そのほとんどが日本に輸入されてきています。
ゴディバ・ノイハウス・ガレー・ヴィタメール・コードドール・メリー。
ベルギーのチョコレートだってこと、ご存知でしたか?

PAGE TOP

ビールの国 ベルギー

ビールの国 ベルギー

日本でビールといえば、あの黄金色したさわやかピルスナービールを思い浮かべます。
ビールで有名なドイツでもピルスナービールが主流です。
イギリスでは、紅茶色した泡の少ないエールビールをちびちび飲むので有名です。

ベルギーではどうでしょう?
なんとあらゆる種類のビールが造られているのです。
ベルギーのある地域でしか造る事の出来ないビールもあります。
800種類と言われているビールの味のレパートリーの多さは、世界一だと言われています。
長い歴史を重ねた地ビール醸造所がたくさんあるのですが、最近は大きな会社に取り込まれてしまう醸造所が出てきて、生産中止になるビールもあります。
ちょっと悲しいですね。

PAGE TOP

このページに関するお問い合わせは
(有) 中井レストラン企画 info@dolphins.co.jp まで

Copyright (C) by Nakai Restaurant Kikaku Co., Ltd. All right reserved.
ベルギービールを楽しむならコチラ ベルギービール専門店 ドルフィンズ